Mineral Processing
and Resources Recycling

     ようこそ!

北海道大学 資源再生工学研究室へ



〜循環型社会への鍵を握る資源リサイクル技術の開発〜
〜都市域における廃棄物資源化・リサイクル拠点としてのUrban Mine(都市鉱山)の構築〜

 
北海道大学大学院工学研究院環境循環システム部門
 資源循環工学分野資源再生工学研究室

 〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
 TEL/FAX : 011-706-6314
English
研究室紹介 講義のお知らせ 求む!意欲的な人 同窓の方へ リンク

scope

<お知らせ>
本研究室が、工学研究科広報誌「えんじにあRing」(2013年7月号),北海道新聞夕刊(2013年1月みんなでサイエンス内),知のフロンティア第2号(2012年)、循環経済新聞(2010年2月)、工学研究科広報誌「えんじにあRing」380号(2010年1月号)および工学部広報「KUON」6号(2007年12月号)に紹介されています。詳しくは各下線部をクリックしてをご覧ください。

<研究室の紹介>
私たちが豊かで住みよい生活を営み,様々な生産活動や社会活動を持続可能なものとして行っていくうえで,環境への負荷を最小にして有限の資源・エネルギーを最大限に活用する社会(循環型社会)の形成が必要となります。
そのためには天然資源や廃棄物(人工資源)中の有価物を,少ない手間とエネルギーで分離回収し,素材・エネルギーとして利用することが重要となり,都市域での人工資源を資源化・リサイクルする拠点としてのUrban Mine(都市鉱山)の構築が鍵となります。
私たちの研究室では、'Urban Mine' で必要とされるリサイクル技術・廃棄物の資源化技術の開発や、未利用資源の活用に不可欠な高度分離精製技術の確立などに取り組んでいます。
例えば、
各種物質の界面化学的性質の差を利用した分離技術(浮選、液中造粒)、
ハイブリッドな磁気・比重選別技術、
微生物の機能を利用した有用成分の回収技術(バクテリアリ−チング)など
について基礎および応用研究を展開し、多くの実用化技術を開発してきています。
さらに、これら,の成果を応用した環境保全技術の開発や資源の高付加価値・機能化に関する研究にも力を注いでいます。

”循環型社会への鍵を握る資源リサイクル技術の開発”

”都市域における廃棄物資源化・リサイクル拠点としてのUrban Mine(都市鉱山)の構築”

−これが当研究室の主題です。

明日のEarth(地球)のために限りある
esources を ecover, efine, ecycle するのであーる


  本研究室の教育目標・方針
笑顔に満ちた楽しい雰囲気の中で創造的な研究に取り組むことで
  21世紀の社会で活躍する自律した技術者・研究者を育成
    「工学」を「好学」へ


スタッフおよび学生

    スタッフ 教授:広吉直樹 准教授:伊藤真由美 助教:Carlito Baltazar Tabelin

    学生

 今取り組んでいる主な研究課題

 最近の主な研究テーマ

 最近の研究業績

 研究室および卒業生の近況

 

Mayumi
ITO
Naoki
HIROYOSHI
Carlito
TABELIN

staff

担当講義についてのお知らせ・掲示・試験案内など

講義時間の変更、掲示内容、過去の試験問題と解答、試験結果、成績、再試験の案内などについて詳しく知りたい時は、上のラインをクリックしてください。



”資源リサイクルと未利用資源の活用”、”循環型社会の構築”に関心を持つ、
     意欲的な方、大歓迎

資源再生工学研究室では、物理学、化学、生物学、地学から機械工学、電気工学、応用化学、材料工学、化学工学、生物工学、土木工学、環境工学などに至るまでの幅広い知識を必要とし、これらを駆使した研究開発を通して資源循環型社会の構築に貢献しようとしています。そのため、他大学および本学他学部・他学科からの、 知的好奇心旺盛な意欲的な方の当研究室への大学院進学を歓迎いたします。進学のご相談、お問い合わせは、、広吉教授まで。



本研究室(旧選鉱学・鉱物処理工学講座を含む)同窓の方へ


・研究室や同窓生の詳しい近況や動向については研究室および卒業生の近況をご覧ください。ここ数年の研究室同窓会の主な催しは,以下のようなものがありました。

2016年研究室同窓ビアパーティの集い
・日時:2016年8月14日(日)
・場所:札幌大通公園ビアパーティ会場
・お盆の時期に合わせて帰省や旅行で帰札する同窓生とのビアガーデンパーティを開催します。

2016年研究室同窓懇親会
・日時:平成28年3月27日(日)18:00-20:00
・場所:東京・秋葉原・『柚柚〜yuyu〜 秋葉原店(ユユ アキハバラテン)』
・資源・素材学会春季大会参加のため先生方,修士1年生が東京入りするのに合わせ,同窓懇親会が開催されました。

2015年研究室同窓ビアパーティの集い
・日時:2015年8月14日(金)夕方
・場所:札幌大通公園ビアパーティ会場
・お盆の時期に合わせて帰省や旅行で帰札する同窓生とのビアガーデンパーティが開催されました。

2015年研究室同窓懇親会
・日時:平成27年3月26日(木)19:00-21:00
・場所:東京・秋葉原・『ザ・海峡 ヨドバシAKIBA店
・資源・素材学会春季大会参加のため先生方,修士1年生が東京入りするのに合わせ,同窓懇親会が開催されました。

2014年研究室同窓ビアパーティの集い
・日時:2014年8月15日夕方
・場所:札幌大通公園ビアパーティ会場
・お盆の時期に合わせて帰省や旅行で帰札する同窓生とのビアガーデンパーティが開催されました。

2014年研究室同窓懇親会開催
・日時:2014年3月26日19:00-22:00(3時間)
・場所:個 室居酒屋 番屋 赤坂店
・修士1年3名と恒川先生・広吉先生が資源・素材学会(東大)のために上京するのに合わせて,研究室同窓懇親会が開催されました。急な開催にもかかわらず約20名が集まり,旧交を温めました。


2013年研究室同窓懇親会開催
・日時:2013年3月27日19:00-21:00
・場所:土間土間秋葉原店
・修士1年5名と伊藤先生が資源・素材学会(千葉工大)のために上京したのに合わせて,研究室同窓懇親会が開催されました。平日にも関わらず,若いOBから大OBまでそろっての会となりました。


2012年研究室同窓懇親会開催
・日時:平成24年3月26日(月) 20:00-22:00
・場所:東京・上野・竹取御殿

・恒川名誉教授が北大キャリアセンター長をこの3月に任期満了で退職されるので,その慰労を兼ねて,在京メンバーを中心とした研究室同窓懇親会が開催されました。急な企画の上,資源・素材学会春季大会の懇親会終了後の夜8時から,しかも月曜日に開催ということにもかかわらず28名が集まり,楽しい会になりました。


2011年夏の同窓ビアパーティの集い
・日時:平成23年8月15日(月)18:30〜
・場所:札幌大通り公園・ビアガーデン
・お盆の時期,研究室の同窓生が旅行中,帰省中で札幌に多く滞在中のことが分かったため,急遽,一緒にビールを飲みながら懇談する集いが企画され,実施されました。恒川名誉教授もキャリアセンターでの仕事を終えて駆けつけ,大変盛況となりました。もしかすると来年からは恒例行事になるのでは・・・

恒川教授定年退職関連の行事
◇最終講義
・日時:平成22年2月19日(金)15:00
・場所:工学部・工学研究科B31教室
・講義題目:起笑天結(きしょうてんけつ)
・パーティー 同日18:00〜 アスペンホテル
◇北大落研顧問恒川先生退職記念寄席
・日時:平成22年2月20日(土)13:30(開場)14:00(開演)
・場所:クラーク会館大講堂
・主催:北大落語研究会

平成21年東京北山会総会・懇親会開催
・日時:7月10日(金)18:00
・場所:ホテル ニューオータニイン東京(JR大崎駅より徒歩1分)
・連絡先 藤岡昌司氏 fujioka@jcoal.or.jp

平成20年東京北山会総会・懇親会開催
・日時:6月24日(火)18:00
・場所:ホテル ニューオータニイン東京(JR大崎駅より徒歩1分)
・連絡先 藤岡昌司氏 fujioka@jcoal.or.jp

    
平成19年研究室同窓懇親会開催
・日時:3月28日(水)
・場所:新橋亭本店(JR新橋駅より徒歩3分) TEL:03-3580-7811


平成17年東京北山会総会・懇親会

2005年3月30日(水)18:00から学士会館で、在京の鉱山・資源同窓生が約50名参加し、盛大に、かつ和やかに催されました。会の冒頭で、恒川教授より、資源開発工学科が本年4月から環境社会工学科資源循環システムコースになるに至った経緯と現状、将来展望について説明があり、参加者一同で母校の活躍と発展を祈って乾杯しました。

平成16年研究室同窓懇親会

2004年3月28日(日)16:00から新高輪プリンスホテルで開催。当日は、60名が参加して、2003年8月より九大教授になられた平島剛先生、2004年度資源開発工学科長の恒川昌美先生の講演もあり、盛大に催されました。


平成15年研究室同窓懇親会

2003年3月29日 東京・大塚のホテルベルクラシックで懇親会「北大資源からノーメル賞を出す会」を開催しました。

研究室および卒業生の近況

北海道大学
北大工学部
北大大学院工学研究院
北大大学院環境循環システム専攻
北大環境社会工学科資源循環システムコース
大学院英語特別コース(English Engineering Education Program)
資源・素材学会
資源・素材学会北海道支部